膝の黒ずみに気付く瞬間

薄着が似合う季節になると、生足のファッションを取り入れる人も増えています。特に、ミニスカートやショートパンツなど、大胆なファッションができる時代は「あっ!」という間なので、限られた時間を思い切って楽しんでおきたいものですね。

ところが膝に黒ずみがあると、そこだけ目立ってしまいます。そのため、お気に入りのミニスカートを履きたくても「ちょっと待った!」になってしまいます。

膝の黒ずみは、自分でも気になりますが、他人が見てもけっこう気になるものです。そのため、「なんとかしなくては・・・」と思うのですが、「手間ヒマも掛かるし、お金も掛かるのでは・・・」とマイナス思考が堂々巡りをします。


身近にあるもので出来る簡単お手入れ方法

身近なものでケアができる

そんな中、注目されているのが身近なものでできる「膝の黒ずみの簡単お手入れ方法」です。たとえば、

  • 重曹
  • グリセリン
  • 尿素
  • 馬油

のように薬局で入手できるものがあります。でも、「わざわざお金を掛けるのも・・・」という人には、

  • クリーム
  • レモン

など、ふだんのスキンケアに使うものや、食卓にあるもので簡単にお手入れができます。たとえば、ニベアクリームは根強い人気がありますが、スーパーに買い物に行ったときに簡単に入手できますね。また、塩アレルギーの人もいるかと思いますが、シュガースクラブを使うといいとの体験談もあります。

あと、レモンを使うといいのは、レモンに含まれている「ビタミンC」の美肌への作用が期待されることです。もちろん、料理や紅茶に入れるためにしぼった後のレモンを使うといいので、家計の節約にも役立ちます。


膝の黒ずみの原因を知る

入浴時にきちんと洗っているつもりなのに、膝の黒ずみが改善されないこともよくある話です。また、膝を床につけて作業をすると、そこだけ跡ができることはよくあります。

さらに、バレーボールなど、膝をつくことが多いスポーツの経験がある人は、膝のカサカサや黒ずみで悩む人もいるかもしれませんね。

このように、膝の黒ずみをはじめ、角質化などができる原因を考えていくと、なにげない日常のなかで心当たりがあるかもしれません。また、「あたりまえ」の話ですが、膝を使うことによって汚れることも考えられます。ところが・・・


黒ずみの原因は汚れではない!?

黒ずみができる原因とは?

そうなんです。膝に黒ずみができる原因は、「お肌の汚れ」だと考えがちですが、実は、それだけではないことが多いのです。膝は、体の部位のなかでも皮脂腺が少なく、皮脂や汗などが出にくいため、日常的に乾燥していることが多いのです。

しかも、下着やジーンズなどの衣服からの刺激からだけでなく、立膝をするなど、なにげない動作からも影響を受けやすいことが注目されています。

ちなみに、膝だけでなく「肘の黒ずみ」で悩む人も多いと思われますが、こちらも、テーブルに肘をつくなど、日常のなにげない動作が関係しているようです。極端な事例ですが、左右どちらかの肘ばかりをつく癖がある人は、そちらだけ黒ずむことも少なくありません。

なお、膝の場合は、ミニスカートやショートパンツにならない限りわかりませんが、肘の場合は、半袖になるだけでも目立ちますので、深刻な悩みになるかもしれませんね。


膝の黒ずみをケアする

重曹を使ったお手入れ方法

重曹を使ったお手入れ方法